浮気の慰謝料の相場

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますけど、その金額は少なくなってしまうだと言えるのです。

また、不倫の相手が浮気を否定するケースでは根拠が必要です。

無関係な人からみても明らかな不倫の証拠(自白だけで決め付けると冤罪を生んでしまうこともあるかもしれません)が必要です。

結婚相手の浮気調査を委託する場合、支払う料金が低過ぎたり、 高料金に設定されている事務所ではなく、より細かな料金プランが提示されていて、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵社が安心安全です。

そして、業者として届け出をしっかり行っているのか事前に調べておくべきです。

法に反して調査を実施している業者には委託しない方がよいだと言えるのです。

日々の生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)の中で、相手の行動を注意しながらみることは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気を認めざるを得ないような証拠(自白だけで決め付けると冤罪を生んでしまうこともあるかもしれません)を入手するためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がトラブルなく、確実に結果が得られます。

そして、探偵に頼むという事は、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、豊富な経験に裏付けされたアドバイスを貰える、という付加価値もありますね。

自分でいろいろするよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。

経験豊富な探偵に依頼したら、確実に浮気の証拠(自白だけで決め付けると冤罪を生んでしまうこともあるかもしれません)をつかんでくれます。

自ら浮気調査をしてみても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。

だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実を認めようとしなかったら、離婚を有利な条件ですることは無理だと言えるのです。

そのため、確実な証拠(自白だけで決め付けると冤罪を生んでしまうこともあるかもしれません)というものが必要になります。

浮気をしている事がSNSを通じて見つかることもあります。

一般的に、SNSは本名を公開しない特長がありますのでパートナーも注意が足りずに、私生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)についてついうっかり書きすぎてしまう事が珍しい事ではありません。

中には、浮気をカミングアウトする様な証拠(自白だけで決め付けると冤罪を生んでしまうこともあるかもしれません)をインターネットに公表している場合もありますね。

ユーザー名を知っていたら読んでみて下さい。

法律上では、既婚者が配偶者以外の異性と故意に男女の関係になることを不倫と定義しています。

つまり、法律的にいうと、性的に親密な関係ではなかったなら、伴に出かけたりしても、浮気とはいえないということになります。

個人では肉体関係の証拠(自白だけで決め付けると冤罪を生んでしまうこともあるかもしれません)をつかむのは難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。

探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つです。

実費とは具体的には交通費や写真撮影にかかる費用などですが、調査員のご飯代が足されるケースもあるかも知れません。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、算出した費用です。

調査にかかる時間が短いほど請求額も少額となるのです。

車の目立たない所にGPS端末を取り付けておいて、常時、移動の内容を監視しつづけ、移動中の所在を確認したり、時間のある時に、データを取り出して行動を確認することができます。

あまり、車を運転しない人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。

これで相手がどこをどう移動して、何時間滞在したのかもわかってしまうだと言えるのです。

探偵の場合には、怪しむ人のないように警戒を怠ることなく目立たないように調査を進めるのに対して、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、まず身分を明かしておいて公然と調査を行なうことが多いみたいです。

すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴向ことが上手で、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると結論でき沿うです。

探偵をお願いすると高くなるので、自分ですればいいと考える奥さんもいます。

難なく尾行しているようにテレビドラマを見たら思ってしまいますが、実践してみれば沿うはいかないもので相手に違和感を感じ指せなく、尾行するのは並大抵のことではないのです。福岡の信頼できる興信所

勘付かれれば警戒をされるものなので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。

相手の非を認め指せるには確実な証拠(自白だけで決め付けると冤罪を生んでしまうこともあるかもしれません)がいるので、プロに浮気調査をお願いするべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です